新卒SESが退職代行で辞めた体験談!即日退職して転職した背景!リモートワーク辛くて辞めた!

執筆者

私も新卒で入った会社を4ヶ月で退職しました!社会人のスタートがリモートワークが辛くてすぐに退職できるか不安でしたが、退職代行などですぐに退職できました!

SESが退職代行で即日退職した体験談の結論!

即日退職できた!

結論退職代行を使用して満足でした!退職代行を使用した結果会社も行かずに退職もできて安心して辞めるこちとができました!

SES退職代行での決め手は2つ!

  • 弁護士対応で安心できた
  • 会社に連絡せずに辞めることできた

退職代行の決め手としては大きく2つでした!一つ目は、会社との交渉に不安があったため、法的なアドバイスをもらえる弁護士に相談できたこと!2つ目は、会社に何も連絡せずに辞められる点でした!退職届などの手続きは全て代行サービスが代わりに行ってくれるので、会社に直接関わることなくスムーズに退職することが可能でした。

そのため退職代行サービスを利用することを選択しました。専門家によるサポートが得られ不安を感じることなく退職できたため、満足しています。

SESの新卒社会人リモートワークは辛かった!

仕事の進め方がわからない

新卒で入社した会社は、完全リモートワークのSESの会社でした!しかし研修という研修はなく、自ら資格や勉強をして学んでくださいの会社でした。

私は大学の時からIT系に行くことを決めていたため少しばかり勉強をしていましたが、実際に現場に入ると何をしたらいいかわかりませんでした。実際の仕事は、メールでのやり取りでこれお願いしますなどで一回のzoomなどで説明される環境でしたので、全く仕事が捗らずバリューも出ずに萎えてしまいました。

コミュニケーションが取れない

リモートワークでは、直接顔を合わせてコミュニケーションを取ることが難しくなります。

メールやチャット、ビデオ会議などのツールを使用してコミュニケーションを取ることが一般的ですが、これらのツールだけではコミュニケーションが不足する場合もあります。

そこで、リモートワークでも定期的なオンラインミーティングやチームビルディングの場を設けることが重要です。

リモートで働くメンバー同士が顔を合わせ、フリートークや情報共有を行うことで、コミュニケーションの活性化が図れます。

人との関わりが全くない

対面でのコミュニケーションやランチタイムの交流など、仕事以外の時間でもコミュニケーションを取る機会が少なくなります。

そのため、積極的にコミュニケーションを求めることが大切です。

社内SNSやチャットツールを活用して他のメンバーと交流することができます。

自己紹介や趣味の話題など、仕事以外の共通点を見つけてコミュニケーションを深めましょう。

また、定期的なオフラインイベントや飲み会などの場を設けることも有効です。

リモートワークで働くメンバー同士が顔を合わせ、リラックスした雰囲気でコミュニケーションを取ることで、仕事以外の関係を築くことができます。

リモートワークの辛さが原因で退職を考えた瞬間

  • 孤独感
  • 人と会わない
  • 仕事でも成長していない
  • 将来に不安を感じた

孤独感

リモートワークとしてあったのがが「孤独感」です。同僚とのコミュニケーションもなく、ランチタイムの会話など、日常の小さなやり取りがなく孤独感が増しました。この孤独感は、仕事のパフォーマンスに影響しており精神的な健康にもキツくなったのを覚えております!

人と会わない

リモートワークを続けることで、人との直接的なコミュニケーションの機会待ったがありませんでした。SESの特徴でもあるため自分の会社ではなく他の会社への派遣みたいになっていたため知り合いもいないし、完全リモートで画面もOFFであったため人と会うことはありませんでした。。。

仕事でも成長していない

リモートワークの環境下では、新しいスキルや知識を習得する機会があまりありませんでした。また上司に直接聞けることも少ないため仕事としても社会人としても成長する機会が少ないと感じました!同期とのの情報共有機会も少なく、このままいても成長の機会が限られてしまうなと感じて辞めることを大きく考え始めました。

将来に不安を感じた

リモートワークの長期化により、将来のキャリアや仕事の方向性に対する不安を感じる人も感じました!エンジニアとして成長していきたいが、SESなのでコードに触れる機会も極端に少なかったです!完全リモートでしたのた仕事も簡単なものばかりでこのままでは将来は終わりと感じました!

退職代行で即日退職!その選択の背景とは?

退職代行に決めた理由とそのプロセス

退職を決意することは容易ではありませんが、そのプロセスを第三者に委託する「退職代行」を選択する人々が増えています。退職代行を選んだ主な理由は、直接上司や人事部門に退職の意向を伝えることのストレスやプレッシャーを避けたいというものです。また、正しい手続きや法的な知識が不足している場合、専門家に任せることで安心感を得られます。退職代行のプロセスは、まずサービス提供者とのカウンセリングから始まり、退職の意向や理由を共有します。その後、代行業者が雇用者とのコミュニケーションを取り、必要な手続きを進めていきます。

退職代行サービスがめっちゃ良い

分で言うのも恥ずかしいですが、資格などの勉強など同期の中で一番取り組んでいたので、会社からも期待されていたため引き留めに合いました。でも辞めると決めたの戻れないと感じたためすぐに辞めれる方法を模索したところ退職代行で即日で会社に連絡しないで退職をしました!

すぐに対応を終えたのですごいよかったですっw

転職活動を始める前に考えたこと

また退職代行を利用しながらも転職についてはしっかり考えてました。転職活動を始める前に、まず自分のキャリアの目標や価値観を再評価することが重要です。現在の職場での不満や望むキャリアの方向性、将来のビジョンなどを明確にし、それに基づいて転職の必要性を判断します。また、転職市場の動向や求められるスキル、自分の市場価値を調査することも大切です。転職を成功させるためには、十分な下調べと自己分析が不可欠であり、焦らず慎重に行動することが求められます。

転職に至るまでの経緯とは?

退職代行後の転職活動

退職代行前に転職エージェントに3つほど登録しました!第二新卒を利用してすぐに転職できるように調整は怠りませんでした!

ラインでできるところやzoomなどでしっかりと相談に乗ってくれるところに目星を決めて退職と同時に進めていたのが良かったです!

第二新卒なら辞めてもしっかりと自己分析ができてればすぐに就職もできます!エージェントの方と認識を合わせることが大事です!

転職先の選定基準とは?

完全リモートはのぞいて、IT系にしました!需要と自分の軸から選んだことが成功した秘訣です!実際にIT系は今でも需要が高いため第二新卒を募集している割合が多いです!

私の軸としては、下記として選択しました!

  • 働く場所
  • 職場環境
  • IT系であること
  • しっかりと経験できること

給料はにのつぎで、まずは成長の観点から選ぶことでいい会社と巡り会えまた!

退職後の新たな職場での活躍

次の会社で成長するために意識した点は下記の4つになります!

  • 自己分析:
  • 情報収集:
  • コミュニケーション能力
  • ロジカルシンキング

自己分析:

退職後の期間を利用して、自分の強みや弱み、得意な業務を再確認しましょう。これにより、新しい職場でどのように貢献できるかを明確にすることができます。

情報収集

入社前に、新しい会社の文化や組織構造、業界の動向などを調査します。これにより、新しい環境にスムーズに適応する手助けとなります。

コミュニケーション能力

新しい職場では、多くの人々とのコミュニケーションが必要です。効果的なコミュニケーションスキルを磨くことで、人間関係の構築や業務の進行がスムーズになります。

ロジカルシンキング

新しい環境には未知の課題や変化が待ち受けています。柔軟な思考や適応能力を持つことで、変化に対応し、成果を上げることができます。

新しい職場でのリモートワークの取り組みと成果

リモートワークと出社のハイブリットを選ぶ

近年、リモートワークの導入が進む中、多くの企業が出社とリモートワークのハイブリッドモデルを採用しています。このモデルの最大の利点は、柔軟性です。従業員は自宅での作業とオフィスでのコラボレーションのバランスを取ることができます。また、通勤時間やコストを削減しながら、オフィスのリソースやチームとの対面の機会も享受できます。ハイブリッドモデルを成功させるためには、明確なガイドラインとコミュニケーションが不可欠です。

リモートワーク環境を整える

リモートワークを効果的に行うためには、適切な環境の整備が欠かせません。まず、静かで集中できる作業スペースを確保することが重要です。次に、高速なインターネット接続と、作業に必要なツールやソフトウェアを整えます。また、ビデオ会議用のカメラやマイクの品質も重要です。リモートワークの効率を上げるためには、定期的な休憩や、作業時間の管理も意識すると良いでしょう。

いろんな環境に手を出す

多様な環境での経験は、新しい視点やスキルの獲得に役立ちます。異なる業界やプロジェクトに関与することで、自分のキャリアの幅を広げることができます。また、新しい環境に適応する能力は、変化の激しい現代ビジネスの中で非常に価値があります。しかし、多様な環境に手を出す際には、焦点を失わないよう注意が必要です。目的や目標を明確にし、適切なバランスを保つことが重要です

新卒SESが退職代行で辞めた体験談のまとめ

本記事では、私が本当に体験した新卒の体験と退職代行についてまとめましたのでぜひ参考にしていただければと思います!

不安がある人も辞めること自体は悪いことではありませんので、ぜひ転職エージェントや退職代行に相談してみてはいかがでしょうか?

一部参考:労働基準法/民法

40 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。